読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

画廊若林’s blog

画廊若林は名古屋市東区葵にある画廊です。 展覧会やアート情報について紹介しています。

建部弥希展 - landscape:mindscape - 2016

11月19日(土)から始まった「建部弥希展 - landscape:mindscape - 」

f:id:gwakabayashi39:20161124143824j:plain

名古屋在住の抽象画作家です。

名古屋だけではなく、東京、大阪、宮崎と幅広く活動されています。

当画廊では、去年と続けて、2回目の個展です。

f:id:gwakabayashi39:20161124144045j:plain

水面の揺らぎ、日だまりなどの自然現象や風景をモチーフにして、作品を作成しています。

カラフルな色調で、ともすれば反発しあうような色の組み合わせも、不思議と調和して、穏やかささえ感じさせてくれます。

f:id:gwakabayashi39:20161124145431j:plain

一点だけの作品を見ると、その世界観が伝わりにくい作風かもしれません。

展示されている作品、全体を通して見ていただくのがベストだと思います。

f:id:gwakabayashi39:20161124153427j:plain

私はいつも建部さんの個展では、景色がだんだん見えてくるような、わかってくるような不思議な感覚になります。

 

今回の個展では、大小合わせて42点の作品を展示しています。

テーマとされている「時の流れ」も感じていただけるのではと思いますよ。

 

12月4日(日)まで開催しています!

ぜひ、ご高覧ください!

g-wakabayashi.com

永都叶千展 - メタモルフォーゼ - 2016

 9月10日から始まった

永都叶千展  - メタモルフォーゼ -

f:id:gwakabayashi39:20160911154408j:plain

地元名古屋在住の画家です。

当画廊では、去年に引き続き、2回目の個展です。

f:id:gwakabayashi39:20160911154618j:plain

日本画を主としていますが、岩彩と他の画材を組み合わせた新しい表現方法、「混合技法」を持ち味とされています。

f:id:gwakabayashi39:20160911155014j:plain

日本画というと、和のモチーフを扱った作品を連想しますが、ヨーロッパの文化財や花を描いた作品も精力的に制作されています。

f:id:gwakabayashi39:20160911155521j:plain

 実際に現地を訪れて、各文化財を回る旅をされたそうです。

スケッチに夢中で遅くなってしまい、宿が取れず、寝袋で寝た経験もあるそう(笑)

 

近年は新しく制作されている作品は、「心に響く、日本美」をテーマにしたものが多く、この個展と並行して、三重県桑名市で開催している「村正体感 日本刀特別鑑賞会」に刀工の工程風景の作品を展示されています。

f:id:gwakabayashi39:20160911160515j:plain

www.showa-print.co.jp

9月の分は完売したそうですが、10月の予約はまだ空きがあるそうですよ。

 

永都叶千展 - メタモルフォーゼ -

今月、25日(日)まで、開催しています!

是非、ご高覧ください!

g-wakabayashi.com

碧南市藤井達吉現代美術館 「アメリカ美術の力」 2016/6/11~8/7

暑い日が続きますね。

そして、空はどんより曇ったり、雨降ったり。。

そんな梅雨の晴れ間、先週の日曜日に、碧南市藤井達吉現代美術館で開催中の「アメリカ美術の力」に行ってきました!

f:id:gwakabayashi39:20160712111357j:plain

福島県いわき市立美術館の全面的な協力によって実現したそうです。

いわき市立美術館は国内外の現代美術に力を入れているようですね。

 

第二次大戦後、1940年代後半から展開した抽象表現主義や、大衆消費社会を直接反映させたポップ・アート、概念が重要な役割を果たすコンセプチュアル・アートなど、アメリカで発展した美術の作品が展示されています。

有名どころだと、抽象表現主義のサム・フランシスや、ポップ・アートのアンディ・ウォーホル、ロイ・リクテンスタイン、ネオ・ダダのジャスパー・ジョーンズ等々・・

なかなか見応えがありました。

 美術館自体はそんなに大きくはないので、30分くらいでまわれます。

 

「アメリカ美術の力」8月7日(日)まで、碧南市藤井達吉現代美術館で開催しています!